新宿区 個人再生 法律事務所

新宿区に住んでいる方が債務・借金の相談をするならコチラ!

借金の利子が高い

新宿区で借金や多重債務などの悩みを相談するならどこがいいのか、決められないでいるのでは?
せっかく相談するなら、優秀な司法書士・弁護士のいる法務事務所や法律事務所を選びたいですよね。
ここでは、ネットで無料相談出来る、オススメの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
新宿区の方もOKですし、相談は無料でできるので安心できます。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、という方にもおすすめです。
借金返済・債務のことで困ってるなら、まず弁護士・司法書士に相談して、最善策を探しましょう!

個人再生や借金の相談を新宿区在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

新宿区の多重債務・借金返済解決の相談なら、ココがお勧め。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払は、分割払いもOKです。
相談料ももちろん0円!
借金の取り立てをストップすることも可能です。
自己破産、過払い金、任意整理、個人再生、など、借金・債務について相談できます。。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたにピッタリのやり方で借金や多重債務の問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から料金を支払えます。
任意整理でも、和解成功報酬・減額報酬などを一切取らないため、安く解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方も安心です。
まずは無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国対応の司法書士事務所なので新宿区にお住まいの人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まず、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



新宿区近くにある他の法律事務所・法務事務所を紹介

他にも新宿区には司法書士・弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●東京司法書士会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 2F
03-3353-9191
http://tokyokai.jp

●竹下司法書士事務所
東京都新宿区舟町1-12 MKビル 7F
03-3359-9841
take-law.net

●日本司法書士会連合会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 3F
03-3359-4171
http://shiho-shoshi.or.jp

●弁護士法人泉総合法律事務所 新宿支店
東京都渋谷区代々木2丁目6-9 第2田中ビル4階
03-5365-7025
http://springs-law-shinjuku.com

●西新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿3丁目5-3
03-5908-4858
http://nishi-shinjuku-law.com

●内藤新宿法律事務所
東京都新宿区新宿1丁目31-3 ダイアパレス新宿1丁目220
03-6457-4671
http://nsbengo.com

●司法書士法人JOネットワーク | 登記 供託 相続 会社設立 起業
東京都新宿区 新小川町5-1 ニューリバー51ビル4F
03-3269-9180
http://jo-net.or.jp

●米川司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目17-6
03-3362-7990

●東京新宿法律事務所
東京都新宿区新宿2-5-10
03-5919-2760
http://shinjuku-law.net

●司法書士たかやま事務所
東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿 レイフラット新宿6F
03-5363-7466
http://takayama-office.com

●リリーフ(司法書士法人)
東京都新宿区四谷2丁目9
0120-428-001
http://reliefer.jp

●小野寺事務所
東京都新宿区西新宿8丁目5-3
03-3363-6621
http://sogo.onodera-office.net

●藤沢司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目23-10
03-3366-5335

●諏訪司法書士事務所
東京都新宿区三栄町7番地3
03-5363-8970
http://office-suwa.jp

●新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿1丁目19-6 山手新宿ビル 9F
03-3343-3984
http://shinjuku-law.com

地元新宿区の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談の方が、気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に新宿区在住で弱っている人

キャッシング会社やクレジットカード会社等からの借入金で悩んでいる方は、きっと高い金利に悩んでいることでしょう。
借りたのは自分ですので、自分の責任だから仕方ないでしょう。
しかし、いくつものキャッシング業者やクレジットカード業者から借金していると、金額が多くなって、とてもじゃないけど返済するのは難しくなってしまうでしょう。
月々の返済では金利しか払えていない、という状態の方もいるかもしれません。
ここまで来てしまうと、自分ひとりの力で借金をキレイにするのは無理でしょう。
借金を清算するために、早めに司法書士や弁護士に相談すべきです。
どのようにすれば今の借金を完済できるか、借りたお金を減額することができるのか、過払い金は発生していないか、等、司法書士や弁護士の頭脳をかしてもらいましょう。
借金問題の解決は、相談から始まります。

新宿区/債務整理の依頼は弁護士がいいの?|個人再生

債務整理とは、借金の支払いが滞ったときに借金をまとめて悩みから逃げられる法律的な手段なのです。債務整理には、任意整理・過払い金・民事再生・自己破産の四つのやり方があります。
任意整理は、裁判所を介さずに債務者・債権者が直接交渉をして、利子や月々の支払金を減らす進め方です。これは、出資法、利息制限法の二つの法律上の上限金利が違っていることから、大幅に縮減する事が出来る訳です。話合いは、個人でも行えますが、通常、弁護士の先生に依頼します。人生経験豊かな弁護士ならお願いしたその段階で困難は解決すると言っても大げさではないでしょう。
民事再生は、現在の状況を裁判所に認知してもらって、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してもらう仕組みです。この場合も弁護士の方に相談すれば申したてまですることが出来るので、債務者の負担は減るのです。
自己破産は、民事再生や任意整理でも返せないたくさんの借金がある時に、地方裁判所に申したてて借金を無しとしてもらうルールです。この場合も弁護士の方に相談したら、手続きもスムーズに進むので間違いがありません。
過払い金は、本来ならば支払う必要がないのに金融業者に払いすぎた金のことで、司法書士又は弁護士に相談するのが一般的です。
このとおり、債務整理はあなたに合った手法をチョイスすれば、借金のことばかり気にしていた日常を脱して、再スタートをすることも可能です。弁護士事務所によって、債務整理や借金に関する無料相談を実施している場合も在りますから、問い合わせをしてみてはどうでしょうか。

新宿区|個人再生にはどんなメリットとデメリットがある?/個人再生

個人再生の手続を実施することで、今、背負っている借金をカットする事が可能になってきます。
借金の全額が膨れ上がりすぎると、借金を返済する為の金銭を準備することが不可能になるのですけども、少なくしてもらうと返済がしやすくなるでしょう。
個人再生では、借金を5分の1に少なくする事もできますから、返金し易い情況になってきます。
借金を返済したいが、今、背負ってる借金のトータルした額が大きくなった人には、大きな利点になってくるでしょう。
そして、個人再生では、家又は車等を売渡す必要も無いというよい点が存在します。
資産をそのまま保持したまま、借金を支払いができるという利点が有るので、ライフスタイルを改めることなく返していく事も出来るのです。
しかし、個人再生においては借金の返済をやっていけるだけの給与がなければならないというデメリットも有ります。
これらのシステムを利用したいと考えても、決められた収入がないと手続きを実行することは不可能なので、給与が見込めない人には不利な点になります。
又、個人再生をする事により、ブラック・リストに入ってしまいますので、それより以降一定の時間は、クレジットを組むとか借金を行うことが不可能だという欠点を感じるでしょう。